ニュース一覧

令和2年度 7月例会の中止と、それ以降の例会延期について。

下記で予定しておりました7月第259回例会は、今般の感染症の流行拡大と、それに伴う社会情勢等を受けまして、中止とさせていただきます。

日時 令和2年7月19日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター
司会 高比良 直美
発表 内海 宏隆/題目 あちらこちら野上彰~野上彰文学の研究について

また、第260回以降の例会につきましても 当面の間、延期とさせていただきます。今後の予定につきましては、随時当ホームページでお知らせいたします。

 

 

 

2020年05月05日

令和2年度 6月の総会・春季大会を中止いたします。

下記で予定しておりました総会・春季大会は、今般の感染症の流行拡大と、それに伴う社会情勢等を受けまして、中止とさせていただきます。

〔総会〕
令和2年6月21日(日) 場所 品川区中小企業センター

〔春季大会〕
令和2年6月21日(日) 総会終了後 場所 品川区中小企業センター
講演 山田 吉郎「大正初期『現代詩文』の流域―夕暮・暮鳥・露風など」
司会 森 晴雄

2020年05月05日

「総会・大会・例会中止について」竹内清己会長よりご挨拶

芸術至上主義文芸学会  会員 各位

拝啓
 新緑の候、皆さまにおかれましては、ますますご清 祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、すでにご案内いたしましたように、来たる六月二十一日(日)の総会及び春季大会、七月十九日(日)の例会開催に向けて準備を進めておりましたが、今般の感染症の流行拡大と、それに伴う社会情勢等を受けまして、誠に残念ながら、中止を決断するに至りました。
 それ以降の九月例会、十一月例会につきましては、今後の状況次第となりますが、目下、会場が閉鎖され るなどの支障を来しており、延期せざるを得ないのが実状でございます。
 一方、学会誌『芸術至上主義文芸』第四十六号は、これまで通り、今秋の発行に向けて準備を進めているところでございます。
 つきましては、当面の間、一堂に会する活動は自粛 、学会誌上での活動を続けていくことになりますが 会員の皆さまには、何卒事情をご賢察の上、これまで通り、年会費(四千円)及び維持会費(任意・千円)納入のご協力をお願い申し上げる次第でございます。
 なお、総会用の資料を同封いたしましたので、ご一読をお願い申し上げます。
今回の措置については苦渋の選択となりましたが、ご理解の上、今後とも本会へのご支援・ご鞭撻を賜りますよう、この機会にあらためてお願い申し上げます。
 末筆ながら、皆さまの一層のご健勝とご健筆をお祈り申し上げます。
                                 敬具


                           令和二年五月九日
                           会長 竹内 清己

*お問い合わせ等は、学会事務局宛にメールでお願い申し上げます。
事務局メールアドレス 
info.geijutsusijoushugi@gmail.com

2020年05月05日

令和2年度 4月例会を中止いたします。

第258回の例会は、4月開催の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症がいまだ沈静化していない社会情勢を鑑み、中止することといたしました。
計画しておりました研究発表につきましては、後日改めまして日程調整等検討いたします。
会員の皆様のご健康をお祈りいたします。


  

2020年03月08日

11月例会を開催します。

第257回 例会

日時 令和元年11月17日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター小講習室(会場費400円)
司会 森 晴雄
発表 須田久美
題目 黒島傳治「橇」
発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年08月20日

9月例会を開催します。

第256回 例会

日時 令和元年9月15日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター(中会議室 )(会場費400円)
司会 深澤 晴美
発表 岸 規子
題目 田山花袋「断硫」とその周辺
発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年06月23日

7月例会を開催します。

第255回 例会

日時 平成31年7月21日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター(掲示板参照)(会場費400円)
司会 安田 義明
発表 高比良 直美
題目 島尾敏雄―坂口安吾の苦言を入り口に戦中戦後の坂口安吾を考察する―
発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年03月31日

総会・春季大会を開催します。

芸術至上主義文芸学会の2019年度総会・春季大会を2019年6月16日(日)に開催します。
前年度の活動報告や会計報告、今後の活動予定の他、機関誌『芸術至上主義文芸』のアーカイブ化や役員・委員の異動などについてお謀りします。また、春季大会の記念講演に、東洋大学教授山崎甲一先生の講演「「蜘蛛の糸」そして「羅生門」」を予定しています。講演終了後には、講師を囲んでの茶話会も予定しています。例会/大会のお知らせをご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年03月31日

【お詫び】例会・総会・春季大会の案内状について

本来は「4月・7月の例会のご案内」と「総会・春季大会のご案内」を合わせてお送りするはずのところ、いづれか一枚のみを振込用紙同封で郵送しております。皆さまには、大変ご迷惑をお掛けいたしました。この度の不手際を深くお詫び申し上げます。
再度、「4月・7月の例会のご案内」と「総会・春季大会のご案内」を同封したご案内状をお送りいたしますので、いましばらくのご猶予をお願い申し上げます。

2019年03月31日

4月例会を開催します。

第254回 例会
日時 平成31年4月21日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター 小講習室 (会場費400円)
司会 眞有 澄香
発表 野末 明
題目 高村光太郎『 ブランデンブルグ』論
発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年03月29日

芥川賞作家古山高麗雄氏による本会での講演録が収録された文庫が刊行されました。

古山高麗雄著『編集者冥利の生活』(2018年8月、中公文庫)に、平成11年11月27日、相模女子大学で開催された芸術至上主義文芸学会秋季大会における芥川賞作家古山高麗雄氏による講演「戦争をどう書くか」が収録されています。この講演録は、機関誌『芸術至上主義文芸』第26号(2000年11月)にも収録されています。是非、ご一読ください。

2018年10月05日

11月例会を開催します。

第253回例会
日時 11月18日(日曜日) 午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター 大講習室 (会場費400円)
司会 深澤 晴美
発表 田村 嘉勝
題目 井上靖と戦争

発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2018年08月06日

9月例会を開催します。

第252回 例会
日時 平成30年9月16日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター 中講習室 (会場費400円)
司会 森 晴雄
発表 柳澤 広識
題目 志賀直哉「児を盗む話」論ー「事実」と「空想」の混合という方法ー

発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。
 

2018年08月01日

秋季例会の情報を更新しました。

平成30年度の9月例会、11月例会の情報を更新しました。
詳細は、〔NEWS〕と大会/例会をご参照ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2018年07月31日

7月例会を開催します。

第251回 例会
日時 平成30年7月15日(日曜日)午後1時30分~4時30分
場所 品川区中小企業センター中会議室(会場費400円)
司会 安田 義明
発表 鈴木 杏花
題目 太宰治『右大臣実朝』―〈言葉に対する不信感〉を視座として

発表要旨、テキストは、例会/大会のページをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2018年06月25日

総会・春季大会を開催します。

芸術至上主義文芸学会の2018年度総会・春季大会を2018年6月17日(日)に開催します。
前年度の活動報告や会計報告、今後の活動予定の他、機関誌『芸術至上主義文芸』のアーカイブ化や役員・委員の異動などについてお謀りします。また、春季大会の記念講演に、東洋大学教授野呂芳信先生の講演「萩原朔太郎とふるさと」を予定しています。例会/大会のお知らせをご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしております。

2018年04月26日